【国際】ドイツの女性が生涯に産む子どもの数、33年ぶりに高水準…移民が押し上げ ★3


 
http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1476938175/ 
 
1 名前:民謡 ★[] 投稿日:2016/10/20(木) 13:36:15.28 ID:CAP_USER9.net 
  ドイツ連邦統計局が17日発表した2015年の合計特殊出生率(女性が生涯に産む子どもの数の推計値)が1.50人(前年1.47人)に上昇した。  
   
   上昇は4年連続で、1982年以来33年ぶりの高水準。外国籍女性の出生率が大幅に上昇したためで、移民増加の影響とみられる。  
   
   15年の出生率は外国籍が1.95人で3年連続上昇。一方、ドイツ国籍は1.43人で、緩やかながら4年連続で上昇した。   
   
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161018-00000005-jij-eurp  
   
  ★1 2016/10/18(火) 19:13:41.23  
  前スレ http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1476797561/  
 
 

 
2 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/20(木) 13:37:18.67 ID:gBHZw01g0.net 
  乗っ取られてて草  
 
22 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/20(木) 13:42:35.13 ID:vN8gcodf0.net 
  >>2  
  ほんとそれw  
  ここで終わってたw  
 
3 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/20(木) 13:37:20.84 ID:3B6MwPFe0.net 
  ドイツの話だ  
 
4 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/20(木) 13:38:14.94 ID:kQbSaLtk0.net 
  移民成功ですねw  
 
9 名前:幸ちゃん ◆5V9dS9MYZOAP [Kotchian] 投稿日:2016/10/20(木) 13:39:41.22 ID:Qg2J8fmg0.net 
  >>4  
  ドイツは借金ゼロだからな。日本は老人だらけで経済もガタガタ。  
 
5 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/20(木) 13:38:20.75 ID:5sF5+76A0.net 
  日本もこれをマネたいわけな  
   
   
  女子高生がイスラムに強姦されるニッポンもすぐそこだな  
   
   
  どうせ教職員の餌食だから大差ないしな  
 
14 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/20(木) 13:40:29.22 ID:qlIrnshF0.net 
  【欧米諸国におけるイスラム移民の繁殖力】  
   
  ・イギリスの場合  
  イスラム教徒の数はここ30年で8万2000人  
  から250万人まで30倍増加。  
  新生児の最も多い名前が「モハメッド」くん  
  とうとうイスラム教徒の市長まで誕生  
   
  イギリス@2012  
  http://i.imgur.com/OyH0l5B.jpg

 
  イギリス@2014  
  http://i.imgur.com/HMpCyad.jpg

 
  ロンドン市長@2016  
  https://i.imgur.com/FWzuumW.jpg

 
   
  ・フランスの場合  
  フランスの出生率は1.8人。  
  イスラム教徒の出生率は、8.1人(!!!!!!!!)。  
  2027年、フランス人の5人に一人はイスラム教徒に。  
  39年後(2048年)、フランスはイスラム国家になる。  
  (要するに過半数がイスラム教徒になる。)  
   
  ・オランダの場合  
  新生児の50%(!)はイスラム教徒。  
  15年後、オランダはイスラム国家になる。  
   
  ・ベルギー  
  人口の25%はイスラム教徒。新生児の50%はイスラム教徒。  
   
  ・ドイツ  
  2050年にイスラム国家に。  
  ドイツ政府によると、現在欧州には5200万人のイスラム教徒  
  がいる。それが20年後には、1億400万人まで増加する。  
   
  ・アメリカ  
  1970年、アメリカのイスラム教徒はわずか10万人。  
  それが2008年には900万人(!)まで増加。  
  30年後、イスラム教徒の数は5000万人まで増える。  
   
  日本の移民難民受け入れ甘ちゃんバカは首吊って死ね  
  氏ねじゃなくてほんとに死ね  
 
15 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/20(木) 13:40:30.23 ID:MZpc7RBu0.net 
  >>1  
  > (15年の出生率は)ドイツ国籍は1.43人  
   
  男女平等にして、労働環境や福祉なんかを充実させても、  
  この程度にしかならないんだよな。  
 
18 名前:幸ちゃん ◆5V9dS9MYZOAP [Kotchian] 投稿日:2016/10/20(木) 13:41:33.20 ID:Qg2J8fmg0.net 
  >>15  
  ドイツは第一次大戦後からずうっと少子化なんだが。  
 
23 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/20(木) 13:42:36.68 ID:5sF5+76A0.net 
  >>14  
   
  キリスト教徒の自滅にしか見えないけどなw  
 
26 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/20(木) 13:43:01.12 ID:gmlol89t0.net 
  >>14  
   
  イスラム教徒の出生率は、8.1人(!!!!!!!!)  
   
   
  マジでか!!!!  
 
45 名前:幸ちゃん ◆5V9dS9MYZOAP [Kotchian] 投稿日:2016/10/20(木) 13:47:17.49 ID:Qg2J8fmg0.net 
  >>14  
  移民を入れないと日本みたいに老人だらけの国になってた事実は無視か?  
 
57 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/20(木) 13:49:40.95 ID:CrqAopwy0.net 
  >>45  
  害虫はただの寄生虫だ。  
  労働力じゃない。  
  その逆。  
 
60 名前:幸ちゃん ◆5V9dS9MYZOAP [Kotchian] 投稿日:2016/10/20(木) 13:50:44.01 ID:Qg2J8fmg0.net 
  >>57  
  寄生虫なのは日本のブルジョア連中だろ。  
 
56 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/20(木) 13:49:13.71 ID:c/6lzp/50.net 
  >>14  
  これ2012年だろ  
   
  2015年だと  
   
  ドイツの場合  
  ドイツ人の出生率は1.8人。  
   
  イスラム教徒の出生率は、8.1人。  
   
  2027年、フランス人の3人に一人はイスラム教徒に。30年後(2039年)、ドイツはイスラム国家になる。  
  (要するに過半数がイスラム教徒になるということだ。)  
 
17 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/20(木) 13:41:17.03 ID:BaVuJ4/l0.net 
  >>1  
  フランスと同じだな。  
  移民による出生率アップ。  
  2世3世世代が国民として  
  また出生率アップ。  
  で、移民だらけ。  
 
29 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/20(木) 13:43:40.50 ID:UipZjY6o0.net 
  旧西ドイツに比べて旧東ドイツは弱冠数字が高かったんだよね  
  共産圏は女性も当たり前に労働力だから保育園が充実してる  
  次を産めない構造がネックなんだな  
  保育園用地も保育士も不足で都会ほど制度は整っていても職場復帰出来ない  
  対して移民は高度教育を与えるつもりはなくて女は外に出さずに子守りの文化圏から来て  
   
   
  北陸では子育てしやすいとモデルになってるから三世代推進の政策も出てきた  
 
38 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/20(木) 13:44:50.28 ID:5sF5+76A0.net 
  >>29  
   
  結局、高齢者や外国人にいたれりつくせりのサービスをした国は滅ぶってことだ。  
 
50 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/20(木) 13:48:07.67 ID:HQ2dJGDq0.net 
  なおこれからトルコ周辺の復旧インフラ整備で移民用の雇用を産み出すことにしました  
   
  >>38  
  高齢者のことなんて言ってない  
  アンカーつけずに単独で主張しろ  
 
54 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/20(木) 13:48:54.51 ID:5sF5+76A0.net 
  >>50  
  >次を産めない構造  
 
68 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/20(木) 13:53:10.96 ID:Yjw+cufy0.net 
  >>54  
  お前の頭とはリンクしてないか不愉快なんだよ  
  嫌がってるのになお触ると捕まるぞ  
 
30 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/20(木) 13:43:43.32 ID:5sF5+76A0.net 
  .  
   
   
   
  日本でも安倍ちゃんがこれやるんだろ?  
 
36 名前:幸ちゃん ◆5V9dS9MYZOAP [Kotchian] 投稿日:2016/10/20(木) 13:44:26.96 ID:Qg2J8fmg0.net 
  >>30  
  既にやってるだろ。実習生という奴隷輸入を。  
 
37 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/20(木) 13:44:34.56 ID:9dwPesJC0.net 
  平蔵って国籍的に日本人?  
 
42 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/20(木) 13:46:16.20 ID:Xzgx4xq/O.net 
  >>37  
  日本以外で税金納めてるらしいから外国人じゃね?  
 
41 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/20(木) 13:45:43.33 ID:3cxYWdVO0.net 
  >>1  
  ゴキブリが繁殖か  
  ドイツおわた  
 
49 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/20(木) 13:47:50.59 ID:PVVpnI7l0.net 
  外国人がドイツで増えてるって恐くないか?  
  乗っ取られるだろ  
 
58 名前:幸ちゃん ◆5V9dS9MYZOAP [Kotchian] 投稿日:2016/10/20(木) 13:49:58.31 ID:Qg2J8fmg0.net 
  >>49  
  ローマは少子化して奴隷に市民権与えて滅んだな。  
 
55 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/20(木) 13:49:09.63 ID:MZpc7RBu0.net 
  去年の9月ごろからドドドッとやって来たニューカマーの  
  移民が子供を産むのは、これからだよな。  
   
  ドイツは一体どうなる事やら、要注目ですな。  
 
59 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/20(木) 13:50:17.61 ID:3MNPCZa30.net 
  未婚率増大若年労働層の少ない日本でもぜひ移民を入れよう  
 
65 名前:幸ちゃん ◆5V9dS9MYZOAP [Kotchian] 投稿日:2016/10/20(木) 13:51:27.60 ID:Qg2J8fmg0.net 
  >>59  
  もう既に始まってる。安倍は移民という単語を使ってないだけ。  
 
70 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/20(木) 13:53:54.27 ID:DqBhzdMy0.net 
  >>59  
  移民が家族親族を呼び寄せて一緒に高齢化してくだけだよ  
 
66 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/20(木) 13:51:35.02 ID:CGhtWTum0.net 
  >>1  
   > ドイツの合計特殊出生率上昇は、外国籍女性の出生率が大幅に上昇したためで、移民増加の影響とみられる。  
   
   
  マスコミや政治家が掲げる、政策としての  『待機児童対策』   は、  “少子化解消”  にはなりえない。  
   
  実は、日本の少子化要因は、 「女性の賃労働化」 による “非婚化” や “晩婚化による不妊” だから。  
   
      “真の少子化対策” は、 「未婚率」 を “減らし”、 「晩婚化」 を “回避” してゆくこと。  
   
         なぜならば、 「結婚している夫婦」 は、 概ね “2人以上” も産んでいるから。  
   
              http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou12/chapter3.html#31  
   
    だから、 「待機児童対策」 や 「イクメン」 を推進しても、 少子化対策としては “意味がない”。  
   
   
  ■【『女性労働力率が高ければ出生率も高い』は“ウソ”だった!】     http://q-sv.info/mv/fv71.html  
    根拠となる統計には、  「女子労働力率が低く、  出生率が高い国」  が  1つも選ばれておらず、  
    逆に 「女性労働力率が高く、夫の家事・育児分担の度合いが高い家庭ほど、出生率は低い」 ことが判明。  
   
   
  『保育環境を整えれば子供を産む』という“大嘘”http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/41760706.html  
   
   
  歴史人ロ学者のエマニュエル・トッドの統計では、“女性” の 「学歴が向上」 し、「労働参加率が上昇」 すると、  
  「結婚年齢が上昇」  し、  “少子化傾向”  になると述べている。   【立教大学 特任教授 平川 克美】  
   
   
  “フェミニズム”  は、 女性の生きがいや幸せなどを  『自己実現』  と称して  “家庭外”  に求め、  
  一方で、“家庭” における 「主婦の日常を軽蔑」し、“仕事” など 「外の活動の方に価値」 があると見なす。  
  「専業主婦を廃止」し、「全女性を労働参加」させる“共産主義思想”である。 【元東京女子大学 教授 林 道義】  
   
   
  ●『男女共同参画』 で女性は “働く” ばかりが推奨され、「結婚・出産・育児の無価値」 が喧伝されている。  
  ●若い女性たちが  「仕事で自己実現」  することや  「人生を楽しむ」  ことばかりを考え、  
   「結婚や子供を産む気がさらさらない」 ことが “少子化の最大の原因”。  【麗澤大学 教授 八木 秀次】  
   
   
  少子高齢化と称し、数兆円規模の予算が投入されてきたが、多くは保育支援であって、少子化対策ではない。  
  私は政策決定の場で違和感を訴えてきたが、男性諸氏にはおわかりにならないようだ。   
  問題は、今時の女性が結婚に価値を見いださず、結婚したいと思わなくなった事にある。   【小池 百合子】  
   
   
  〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓  
   
    「単年度会計主義」で生きている霞が関の官僚達は、増えた財源をそのままバラ撒いて浪費してしまう。  
    「待機児童対策」 の項目を見てみると、厚労省は予算要求 を 4,937億円 行っている。  
   
  4,937億円を単純に、 待機児童7万人で割る と、 児童一人当たりで 年間「705万円」 と言うことになる。  
   
        “保育料収入とは別”  に、  「待機児童を一人減らす」  ために、  
        “年間705万円”  もの  「税金投入が必要」  になるとは、いったい何事だろうか?  
   
  これでは、 「保育所に預ける母親達」 の “年収を上回る” のではないか。 驚くべき “高コスト” である。  
   
     経済学の観点からみれば、 「男性は仕事」 「女性は家事・育児」 の “性別・役割分担” の方が、  
     『比較優位』  の原則 にかなっており、 むしろ  “経済合理的”  であると考えられる。  
   
  【『アベノミクス“女性の活躍で経済成長”を真に受けてはいけない』:学習院大学 経済学部 教授 鈴木 亘】  
 
75 名前:「保育は福祉」“税金運用”保育園は本来誰でも利用できる制度ではない[age] 投稿日:2016/10/20(木) 13:56:10.81 ID:CGhtWTum0.net 
  >>66  
   
  『保育園落ちた、日本死ね』論争は“前提”が間違っています。 日本を貶めたい勢力の真の狙いとは?  
   
     少し前ですが、「保育園落ちた、日本死ね。」というタイトルのブログが話題になりました。  
     その保育園に落ちたことへの怒りの気持ちがぶつけられた文章が、多くの反応を呼んでいます。  
   
   
     内容を見ると・・・ 『 なんなんだよ日本。 何が少子化だよクソ! まじいい加減にしろ日本。』  
   
       ・・・など、子育て中の母親が口にしたとは、にわかに信じがたい言葉が並んでします。  
   
     国会質疑でも取り上げられましたが、自治体で児童福祉に取り組んでいた立場からすると、  
     この論争は、  「前提条件」  が  “間違っている”  と言わざるを得ません。  
   
   
  このブログを書いた母親やそれに同情を寄せる人々は・・・、  
   
  “保育所”は 「誰もが利用できるのが当たり前」 のサービス、 「利用する権利がある」 と思っている様です。  
   
  しかし、それは “大きな間違い” です。 保育事業は 「福祉施策」 です。 では、そもそも“福祉”とは何か?  
   
  福祉施策とは、自力で普通の暮らしを営む事ができない人に対して、税金を使って支援する事を言います。  
   
   
      障害者福祉、低所得者福祉、高齢者福祉、児童福祉、そう考えるとしっくりくると思います。  
      みなさんが収めた “税金” を使って支援することには、ちゃんと “理由” があるのです。  
   
   
          保育事業は、 「本来ならば家庭で保護者が子育てをする」  という大前提の上で、  
         “何らかの理由” で 「子供を保育することができない家庭」 を支援する施策です。  
   
          病気やけがで育児ができない状態や、片親でどうしても働かなければいけないなど、  
         “理由”  がある家庭を、  「税金」  を使って  “支援”  するものです。  
   
   
      かつて“児童福祉法”には、  「保育所は保育に欠ける児童を対象にする」  と書かれていました。  
      (現在は、“児童福祉法改正”により  「保育を必要とする」  という文言に代わっています。)  
   
   ですから、保育所に入るには入所基準があり、それぞれの家庭の状況に応じて点数化されるわけです。  
   例えば、両親がそろっている家庭よりも片親の方が点数が高い。高所得者は点数が低くなるわけです。  
   こうした公平な選考により、入所できる児童が決まります。(多くの自治体は入所選考基準を公開)  
   
           自分で何とかできる部分は、自分でやらないことには、社会は成り立ちません。  
           何でも  “税金”  に  「おんぶと抱っこ」  では、日本は  “潰れて”  しまいます。  
           『自助』  ⇒  『共助』  ⇒  『公助』  の順番を、間違えてはならないのです。  
   
   
  しかし、「子育ては母親がするのが一番」と、一昔前だったら当然の考えが、今、大勢から非難されています。  
  私達が長年培ってきた価値観が急速に壊され、左派勢力の世論操作により、国民が誤った方向に導かれる。  
   
  施設で子供を家庭から引き離す、「全女性の労働参加」「家族の解体」の為に“育児の社会化”を推進という、  
  旧ソ連が共産主義体制の中で“失敗”した『マルクス主義』モデルが、21世紀の日本で実践され様としてます。  
   
   
    【『杉田水脈のなでしこリポート』 「日本のこころを大切にする党」所属 前衆議院議員 杉田 水脈】  
   
   http://www.sankei.com/smp/life/news/160702/lif1607020002-s1.html  〔『産経新聞』2016年7月4日〕  
                   (一〇二〇一三五二)  
  .  
 
83 名前:『北欧型全女性就労保育モデル』が“破綻”している事は疑う余地もない[age] 投稿日:2016/10/20(木) 13:58:51.08 ID:CGhtWTum0.net 
  >>66 >>75  
  「北欧の全女性就労モデル」は“たいへんなコスト”がかかり「高額の税金」を必要とする事が判明した。  
  家庭で子育(介護)をしていた女性達は、公的機関の職員となり他人の子(親)を保育(介護)する様になった。  
  なんのことはない、 「税金を払って、そこから保育(介護)手当をもらっている」 ようなものである。  
   
   
    ちなみに、 「税金や保険料」 は “給料の約半分” だそうである。  
    それで仕事や給料での男女差別はなくなったか。 “なくならない” と女性達は苦情をいっている。  
    賃金は女性の方が34パーセントも低いと。 多くがパートの仕事しかないからである。  
      
    「家庭教育は軽視」 され、子どもは早くから 「自立を強制」 される。  
    H・ヘンディン教授の報告書によると、スウェーデンの女性は、子どもに対する愛着が弱く、  
    早く職場に戻りたがり、その為に子供を十分構ってやれなかった事への有罪感があるといわれる。  
      
    しかし、子どもにとって、これは不安と憤りの深層心理を潜在させることになる。  
    ヘンディン教授は、 「自殺未遂者の多くは、母性の希薄さを中心に生まれる男女関係、  
    母子関係の緊張という心理的亀裂ないし深淵」 を指摘している。  
   
   
  では、北欧型福祉モデルはなぜ破綻したかのか。 それは産み出した思想が間違っていたからである。  
  その思想とは、 「子育てや老人介護を家庭の中でやると、必ず女性が損をする(と勝手に決めづけ)、  
  だから、社会(公的機関)が行うようにすべきだ」 というものである。  
   
     その背後には、 「男女の役割分担は悪である」 というのが、その基本的な考え方である。  
     この考え方の中にこそ、 「北欧型福祉モデル」 が “破綻” した根本原因が潜んでいる。  
     http://www007.upp.so-net.ne.jp/☆rindou/femi11.html  (一〇二〇一三五二)  
   
   
  〓〓〓〓〓〓 【元東京女子大学 文理学部 教授 日本ユング研究会 会長  林 道義】 〓〓〓〓〓〓  
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ˉ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ˉ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ˉ ̄ ̄ ̄ ̄  
   
    最近、米国立衛生研究所が研究費用を拠出し、米10都市の乳幼児1,364人の育っていく過程を、  
    10年間に亘って追跡調査した結果がある(この様な調査は、公的な保育調査としては最大規模)。  
   
   
  それによると、生後3カ月から4歳半までの時期に、保育園等に週30時間以上預けられた子供の17%は、  
  幼稚園でほかの子どもに乱暴に振る舞ったり、先生に反抗したりする傾向が強かった。  
  週10時間以下の子どもが、幼稚園で問題行動に走るケースは6パーセント以下だった。  
   
  対象となった子どもの託児時間は平均で週26時間。預ける先が“保育園”でも“託児所”でも、  
  “自宅ベビーシッター”に見てもらった場合でも結果は同じ。子供の性別や家系も結論に影響しなかった。  
   
   
       この結果は、「子どもが乳幼児期に安易に夫婦が共働き」をし、  
       「子どもを他人に預ける」というアメリカ-スウェーデン方式がいかに“危険”かを示している。  
   
    アメリカでもスウェーデンでも『犯罪』がつねに“高レベル”だということと、  
    子どもの発達の過程で“攻撃性”を増していることとは、決して「無関係ではない」であろう。  
   
   
      乳幼児期には「母親の優しさと温かさ」が“必要”であり、それを十分に受けてこそ、  
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  
      その後の人格形成がうまくいく。 母子の愛情による繋がりが、  
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  
      不十分だった人間は“情緒不安定”で、“攻撃的”になって、のちに“いじめっ子”になりやすい。  
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  
   
  保育園を増やすのが善政だという思想が政界に蔓延し、社会を“家族単位”から“個人単位”に改悪させようとしている。  
  http://www007.upp.so-net.ne.jp/☆rindou/femi14.html http://www007.upp.so-net.ne.jp/☆rindou/sunpyo.html  
  .  
 
91 名前:“全女性就労と保育所”政策で「家族解体・犯罪大国」のスウェーデン・ソ連[age] 投稿日:2016/10/20(木) 14:01:49.42 ID:CGhtWTum0.net 
  >>75 >>83  
  ■スウェーデンでは、犯罪数が人口当たり 【アメリカの4倍】 【日本の10倍】  
    【強かんが日本の20倍以上】 【強盗が日本の100倍である】  
      (武田龍夫『福祉国家の闘い』中公新書、二〇〇一年、一三四ページ)。  
     『なんとスウェーデンという国は世界に冠たる“犯罪王国”なのだ。』  
   
  ●結婚した半分以上が離婚する。 3人に1人が私生児。  
    女性の社会進出の実態はその7割が派遣・パート雇用。  
   
  ◆スウェーデンの結婚・離婚に関して【麗澤大学 教授 八木 秀次】  
    都市部では一番多いのが母子家庭、二番目が「混合家庭」(離婚後2年以内に30%が再婚するが、  
    再婚夫婦はたがいに連れ子を伴うため、家族が「混合」する)で、  
    三番目にやっと昔ながらの両親揃った普通の家庭が位置づけられ、四番目が父子家庭である。  
   
    「混合家族」については前の結婚相手との間に生まれた「マイ・チルドレン」と、  
    再婚相手の連れ子の「ユア・チルドレン」、そして再婚相手との間に生まれた「アワ・チルドレン」、  
    これら三種類の子どもが、一つ屋根の下に混合して暮らすことになる。  
   
  ★SIFO(スウェーデン世論調査機関)という代表的な世論調査機関が行った調査では、  
    スウェーデン人の70%がストレスに悩んでいる。  今は若者の自殺が増えている。  
    自殺者は毎年ほぼ2000人だが、そのうち4分の1の 4〜500人が15〜29歳である。  
   
    http://aki☆ran1969.iza.ne.jp/blog/entry/2099943/  
   
  〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓  
   
  1917年ロシアの共産革命によって政権を掌握した共産党・革命政府の施策は多くの抵抗に遭遇した。  
  ソ連政府はその原因を“家族”にあると考え、革命を成功させる為、「家族の絆を弱める」こととした。  
   
  『全女性の労働参加』と供に『家事』『育児』が“社会化”され、食事なども共同の食堂でとる様になった。  
  我々が日常と感じる「母親が子供の世話をする」光景が、ソ連の国中から消え失せてしまったのである。  
  そして、「母子の愛情による繋がり」が、1930年頃には革命前より著しく弱まり、愛情不足の子供が増えた。  
   
   
  しかし、彼らが予想もしなかった有害現象が同時に進行していた。  
  1934年頃になると、それが「社会の安定と国家の防衛を脅かすもの」と認識され始めた。すなわち・・・  
   
   
     ?家族、親子関係が弱まった結果、“少年非行が急増”した。  
       1935年にはソ連の新聞は愚連隊の増加に関する報道や非難で埋まった。  
       彼らは勤労者の住居に侵入し、掠奪し、破壊し、抵抗者は●戮した。  
       汽車のなかで猥褻な歌を歌い続け、終わるまで乗客を降ろさなかった。  
       学校は授業をさぼった生徒たちに包囲され、先生は殴られ、女性たちは襲われた。  
       
     ?性の自由化と女性の解放という壮大なスローガンは、強者と乱暴者を助け、  
       弱者と内気な者を痛めつける事になった。何百万の少女達の生活がドン・ファンに破壊され、  
       何百万の子供たちが両親の揃った家庭を知らないことになった。  
       
     ?堕胎と離婚の濫用(1934年の離婚率は37%)の結果、“出生率が急減”した。  
       それは共産主義国家にとって労働力と兵力の確保を脅かすものとなった。  
   
   
  こうして、1934年には、国家はこのような“混乱”の対策に精力を消耗することに耐えられなくなった。  
  それは戦争に直面している国の「国力を破壊するもの」であった。これを是正するためには、  
  社会の柱(pillar of society)である“家族を再強化”する以外に方法はなかった。  
   
     ※ニコラス・S・ティマシエフ(Timasheff) 論文『ロシアにおける家族廃止の試み』  
     (N.W.Bell"A Modern Instrucion to the Family"1960 N.Y.Free Prees所収)による。  
      http://www.oct.zaq.ne.jp/☆poppo456/in/b_cobet.htm      (一〇二〇一三五二)  
 
72 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/20(木) 13:55:07.80 ID:rhgH9E380.net 
  >>1  
  それ「ドイツの女性 」じゃないんじゃない?  
 
76 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/20(木) 13:56:26.97 ID:BaVuJ4/l0.net 
  >>72  
  日本からの旅行者と同じ意味合いだろ。  
 
73 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/20(木) 13:55:32.34 ID:h8h3Dzh20.net 
  ドイツはフランスと違って黒人がいないのは何でだ?  
 
94 名前:幸ちゃん ◆5V9dS9MYZOAP [Kotchian] 投稿日:2016/10/20(木) 14:03:21.26 ID:Qg2J8fmg0.net 
  >>73  
  ドイツはアフリカに植民地持ってなかったから  
 
77 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/20(木) 13:56:45.08 ID:825af7hQ0.net 
  >>1  
  つまり、緩やかに乗っ取られつつあると。  
 
79 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/20(木) 13:57:27.20 ID:rUeb2Nac0.net 
  ■ 日本の移民問題、おさらい  
   
   「一定条件の高度な外国人材.【※年収1000万以上・博士号持ちの研究者や経営者など】」に  
  永住権を与える受け入れ制度は、野党の維新や民主党や社民党も賛成して2014年から開始。  
   
  なお、国会や国連などで安倍首相は何度も「移民の受け入れ否定」発言。  
   ( しかし民進党は、移民推進議員らが国会で「移民議論を〜」ともちかけている)  
   
  安倍内閣は、不法な在日外国人や留学生や難民など一斉強制送還して厳しく取り締まっている。  
   
  だけど民進党は、  
   ・ 『 もっと温かい目で難民や外国人労働者を大切に受け入れろ。』  
   ・ 『 不法滞在者は合法化すればいい。中国留学生は真面目だから問題ない。』  
   ・ 『 在日に参政権を与えて、在日年金も支給しろ。脱北者も日本に永住させろ。』  
   ・ 『 在日でも日本のヘイト差別を取り締まれる人権救済法を成立させろ。』などと主張してて悲惨・・  
  http://kanae.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1394715000/455n  
 
85 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/20(木) 13:59:22.64 ID:dx1cSdn80.net 
  >>79  
  我らが安倍ちゃんのやることに文句があるなら  
  どうぞ出ていってくださいな。  
  もう移民もTPPも憲法改正もやるから、絶対  
 
80 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/20(木) 13:57:54.19 ID:r5y1xjr90.net 
  つまり民族が入れ替わるって事か。  
 
90 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/20(木) 14:01:26.56 ID:aEOy4Xpi0.net 
  >>1  
   
  メルケルはドイツを憎んでいると思うわ。  
  この女は、真っ黒の悪魔みたいな心を持ってると思う。  
   
  ドイツ人は、よくこんな悪魔をリーダーにしたもんだな。  
 
93 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/20(木) 14:02:11.92 ID:GD2Xbjhw0.net 
  移民はドイツ国民といえるのかね  
  数が増えればいいってものじゃないよ  
 
95 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/20(木) 14:03:24.78 ID:dx1cSdn80.net 
  >>93  
  逆にドイツ国民ってじゃあなんだよw?  
 
100 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/20(木) 14:04:42.59 ID:BaVuJ4/l0.net 
  >>95  
  ゲルマンをベースとした欧州人  
 
99 名前:「少子化の原因」は連合国軍総司令部(GHQ)が仕掛けた“人口戦”[age] 投稿日:2016/10/20(木) 14:04:36.07 ID:CGhtWTum0.net 
  >>1  
   
         ★☆★『少子化の原因は憲法24条による“結婚しない自由”だった』★☆★  
   
   
  少子化はいくつもの要因が複雑に絡み合って起こるが、『未婚・晩婚化』が大きな理由だ。  
   
        国立社会保障・人口問題研究所は2035年の生涯未婚率は、  
        男性29・0%、女性は19・2%に達すると予測している。  
   
  なぜ、未婚・晩婚は進んだのだろうか?  
  ここにも、占領期に連合国軍総司令部(GHQ)が仕掛けた「人口戦」の影が及んでいる。  
   
        日本人の結婚や出産に対する価値観を決定的に変えたのは、  
        昭和22(1947)年施行の日本国憲法で、  
        「婚姻は両性の合意のみに基いて成立」とした24条だ。  
   
        戦時中の「家制度」の下では、結婚は家と家の結びつきであり、  
        戸主が結婚相手を決めることに疑問を持つ者は少なかった。  
   
  ところが、憲法24条によって誰と結婚するかが個人の判断となると、  
  『結婚しない自由』が当然のように語られるようになり、行き過ぎた“個人主義”ともつながった。  
   
        家族を「個人」の集合体と考える人たちの登場は、  
        現在の未婚・晩婚と無関係ではなく、少子化にもつながっている。  
   
  こうした価値観の変化は、戦時中の「産めよ殖やせよ」政策への批判にもつながった。  
   
      国民の反発を恐れた国会議員や官僚は、出生数減の危機を知りながら  
      結婚や出産の奨励政策に及び腰となり、少子化対策は後手に回ったのである。  
      日本は戦後70年を経てもなお、GHQの仕掛けた「人口戦」の呪縛にある。  
   
  一刻も早く現在の少子化の流れを断ちきらなければ、日本人は“絶滅”の危機を脱することはできない。  
   
  【『戦後70年、いまだGHQの呪縛 日本の少子化は“人災”だった』(『産経新聞』論説委員 河合雅司)】  
    http://www.sankei.com/premium/news/160209/prm1602090007-n1.html (一〇二〇一三五二)  
   
   
  〓〓〓〓 【『少子化の原因』は女性の“賃労働促進”“自己実現志向”による『非婚と晩婚化』】 〓〓〓〓   
   
   
    1985年から2010年までの25年間で、東京23区の男性未婚者の総数は0.9%増。  
    男性有配偶者は1.2%増。女性の有配偶は0.6%増。ほとんど変わっていない。  
    ところが、女性未婚者は14.6%増。 飛び抜けて増加率が高い。  
   
         東京23区の中で25〜44歳の女性の未婚率が一番高いのは渋谷区。  
         以下、新宿区、中野区、杉並区、豊島区と続く。  
         いずれも「若者の街」と呼ばれるダイナミズムを持った街だ。  
   
      2010年6月に国立社会保障・人口問題研究所が実施した『第14回出生動向基本調査』  
      (結婚と出産に関する全国調査)を見ると、独身者があげる結婚しない理由、  
      女性の2位の「自由や気軽さを失いたくないから」は、男性では4位に止まる。  
   
    渋谷区は、衣料品店、美容院、フィットネスクラブなどのファッション系の店舗が、  
    東京で最も高密度に集積し、結婚生活より以上に魅力のある、自由で、気軽で、  
    充実した暮らしが満たされ、適当な相手にめぐり会えない寂しさをこの街が癒してくれる。  
    いずれにせよ、結婚しない女たちを、渋谷の街が包み込んでいる。  
   
  【『ダイヤモンド・オンライン』2012年9月11日『未婚の女性が多い街』】http://diamond.jp/articles/-/24451?page=2  
  .  
 



トラックバックURL

コメントする

名前:
 
 
最新記事(画像付)
ギャラリー
  • 【比大統領訪中】中国、“朝貢”要求? 「スールー王国」冊封、来年600年で交流行事
  • 【比大統領訪中】中国、“朝貢”要求? 「スールー王国」冊封、来年600年で交流行事
  • 【比大統領訪中】中国、“朝貢”要求? 「スールー王国」冊封、来年600年で交流行事
  • 【比大統領訪中】中国、“朝貢”要求? 「スールー王国」冊封、来年600年で交流行事
  • 【比大統領訪中】中国、“朝貢”要求? 「スールー王国」冊封、来年600年で交流行事
  • 【比大統領訪中】中国、“朝貢”要求? 「スールー王国」冊封、来年600年で交流行事
  • 【比大統領訪中】中国、“朝貢”要求? 「スールー王国」冊封、来年600年で交流行事
  • 【比大統領訪中】中国、“朝貢”要求? 「スールー王国」冊封、来年600年で交流行事
  • 【比大統領訪中】中国、“朝貢”要求? 「スールー王国」冊封、来年600年で交流行事
  • 【比大統領訪中】中国、“朝貢”要求? 「スールー王国」冊封、来年600年で交流行事
  • 【比大統領訪中】中国、“朝貢”要求? 「スールー王国」冊封、来年600年で交流行事
  • 【比大統領訪中】中国、“朝貢”要求? 「スールー王国」冊封、来年600年で交流行事
  • 【比大統領訪中】中国、“朝貢”要求? 「スールー王国」冊封、来年600年で交流行事
  • 【比大統領訪中】中国、“朝貢”要求? 「スールー王国」冊封、来年600年で交流行事
  • 【比大統領訪中】中国、“朝貢”要求? 「スールー王国」冊封、来年600年で交流行事
  • 【比大統領訪中】中国、“朝貢”要求? 「スールー王国」冊封、来年600年で交流行事
  • 【比大統領訪中】中国、“朝貢”要求? 「スールー王国」冊封、来年600年で交流行事
  • 【比大統領訪中】中国、“朝貢”要求? 「スールー王国」冊封、来年600年で交流行事
  • 【比大統領訪中】中国、“朝貢”要求? 「スールー王国」冊封、来年600年で交流行事
  • 【社会】 五輪の水泳会場整備、100億円以上の削減検討 東京都